サイバーコネクトツー
サイバーコネクトツー採用特設サイト

■サイバーコネクトツーからのメッセージ


サイバーコネクトツーでは、様々な新規プロジェクトが進行中です。

弊社へのイメージを覆すような新たな挑戦となるプロジェクト。
これまでから、さらに進化を遂げるプロジェクト。
その一つ一つが、世界で勝負をする為のプロジェクトです。

あなたがお持ちの技術と経験、制作への情熱を発揮していただけるポストをご用意しております。

新たな活躍の場を求める方、是非とも弊社へご応募ください。


中舎 健永(ゲームデザイナー)

サイバーコネクトツーではディレクターを務めております。
入社のきっかけは、元々私はサイバーコネクトツーという会社を知っていたわけではなく、転職活動中に登録していた某求人情報サイトからのスカウトメールでお声掛けをいただきました。
すぐにでも新しい環境でゲームを作りたかったため、最も早く結果をくれたサイバーコネクトツーへ就職する事を決めました。

バトルプランナー業務を経て現在ディレクターを務めており、サイバーコネクトツーは『やりたいことを(自己責任の上で)やらせてくれる会社』だなあという印象を持っています。
ゲーム制作ではもちろんのこと、タイトルのPR企画としてニコニコ生放送の利用を提案すると、企画・構成を含めてほぼすべてを任せていただきました。声をあげれば何かしらで応えてくれる、現場目線の会社だと思います。

野坂 鮎香(アーティスト)

現在はサイバーコネクトツーでUI(ユーザーインターフェース)関連のデザインからリソース制作・調整など一連の業務を担当しています。
入社前から「ナルティメット」シリーズが好きで、一度でいいから制作に加わりたいと考えていました。
もちろん一時の気持ちだけで入社してしまっては「その後どうしよう」となってしまうので、そうならない為に今までサイバーコネクトツーが制作してきたタイトルを調べたところ、ジャンルやタイトルへの熱意からやり甲斐のある仕事を続けられそうだと感じたため、サイバーコネクトツーへの応募を決めました。

実際、制作において優先度が落とされそうな場面でも全力で取りかかろうとする姿勢があり、難しいなりに前職では感じられなかった達成感を持ちながら業務にあたっています。
また、先輩方が身近に居るためコミュニケーションがとりやすく、普段の頑張りや成果を評価していただけるチャンスに恵まれていると思っています。

東郷 隆(プログラマー)

私の仕事は「C++」や「スクリプト」を使用してのゲームプログラミングです。
現在は、「Unreal Engine 4」 を採用した新規プロジェクトで、バトルシステムの構築を行っています。
サイバーコネクトツーに入社したいと思ったきっかけは、「泊まりは禁止」という サイバーコネクトツー独自の体制に好感を持ったからです。
ゲーム業界は生活リズムが不規則なイメージがありますが、サイバーコネクトツーはそのイメージ改善を担っている数少ない会社だと思いました。

入社して感じたことは、スタッフ全員がアニメや漫画・ゲームが大好きであるということです。
そしてそれらを上手く吸収し、これまでにないゲームを作ることに長けていると感じました。
また、最近では会社の施策である「超行動」(企画の立案や、情報の共有など)に参加すると、その行動量や内容が評価され、インセンティブへつながるという制度があります。
自分の力を発揮したい、積極的にチャレンジしたいという方にとって、サイバーコネクトツーは最適な環境であると言えるのではないでしょうか。