魚川 貴央

前田 麻里

李 炫秀


  • シネマティックアニメーター
  • 新卒採用(2016年入社)
  • ウオカワ タカヒロ
  • 魚川 貴央

uokawa

1.なぜサイバーコネクトツーを選びましたか?

当時、ナルティメットシリーズをプレイして度肝を抜かれました。まさに圧巻。
特にストームシリーズからはとてつもなかったです。
高校一年生の時に発売された「NARUTO ナルティメットストーム」をプレイして、心をわしづかみにされました。
その時に、この会社で働こうって決めて、そこからただただ突っ走ってきて今に至ります。
なるようになるものです意外と。
この先も頂点目指してガンガン行こうと思っていますし、そう思わさせてくれる会社だと感じております。

2.サイバーコネクトツーでの仕事のやりがいはいかがですか?

入社してすぐ「NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4 ROAD TO BORUTO」で奥義作成の仕事を任されましたが、この上なくやりがいと手ごたえがありました。
実際に、年齢なんて関係なく勝ち取る事が出来る、そういった会社です。
すげえ奴がすげえ奴と言われ活躍する、至極当然の事がきちんとしている会社です。
だからこそ、やりがいもありますし、何より楽しいってつくづく思います。
今は未発表プロジェクトで暗躍しておりますが、発表された暁には、世界を驚かせてみせます。

3.入社して感じたことを聞かせてください。

学生時代と違って作っている内容が「商品」であること。これに尽きます。
どれだけ頑張っても“イケてない”ならば終わりです。
“イケてる”ものが世の中に受け入れられますし、“イケてる”人が生き残るんだと日々感じています。
だからこそ、“イケてる”ものを作るために自然と本気になり、結果技術が身についてきて、どう立ちまわればこなしていけるかという事が分かってきます。

実務の話だけではありません。
学生の間にこの感覚を得る事はそうそうないと思いますが、そういった世界に挑むと言う覚悟は持つ必要があります。


  • ゲームデザイナー
  • 新卒採用(2016年入社)
  • マエダ マリ
  • 前田 麻里

maeda

1.なぜサイバーコネクトツーを選びましたか?

喜んでもらえる面白いゲームをつくりたい!
私がサイバーコネクトツーで働きたいと思ったのは、福岡ゲーム産業振興機構が主催するFUKUOKAゲームインターンシップ生としてサイバーコネクトツー指導の下、ゲーム制作を行ってからでした。
サイバーコネクトツーの社員は誰もが創作意欲にあふれていて、学生だった私の質問に快く答えてくれるだけでなく、さらに詳しい話しができる方を紹介してくれたりと、おもしろいものをつくりあげるための協力を惜しまない方が多い印象でした。
私もそんな仲間とゲームをつくりたいと思い、入社を希望しました!

2.サイバーコネクトツーでの仕事のやりがいはいかがですか?

「本気でやりたい!」「よろしい、ならばやってみよ」
サイバーコネクトツーは自分がやりたい! と思ったことを実際に行うチャンスにあふれています。
新たな企画を立ち上げたり、やりがいのある箇所の担当になったり(責任はもちろん重くなりますが)……。
自分が本気でやりたいこと、頑張りたい事を伝えれば、実現のための環境を与えてくれますので、そういうところにやりがいを感じることができます!

3.入社して感じたことを聞かせてください。

とにかく明るいサイバーコネクトツー!
ゲーム制作の会社の社員は暗く無言でひたすら作業をするようなイメージがありましたが……。
実際に入社して社員と同じ空間で作業を始めると、開発室のいたるところから会話(意見を求めたり確認)が飛び交い、活気があふれてとても明るい仕事のしやすい環境が整えられていました。
さらにその明るい環境の中には、プロデューサーやディレクターといった役職の方も同じように含まれています。

サイバーコネクトツーは上下関係なく意見を交流させることができるので、よりお客様に喜んでいただける作品を創ろうと真摯に向き合って行けるのだと思います!


  • プログラマー
  • 新卒採用(2016年入社)/出身地:韓国
  • イ ヒョンス
  • 李 炫秀

i

1.なぜサイバーコネクトツーを選びましたか?

ゲームの楽しさをほかの人にも届けたいという目標を持ち、韓国以上にコンシューマーゲームの開発に取り組んでいる日本のゲーム会社で働きたいと思いました。
そうしている時、サイバーコネクトツーに在職の韓国出身の方とお会いし、会社説明会の情報をいただいて参加しました。
会社説明会の中で、弊社代表取締役の松山より「私たちはエンターテイナーである」という話があり、すごくショックを受けました。
これまでゲーム開発者はゲームを作る人だとしか考えておらず、人々に楽しさをささげるエンターテイナーであることは考えたこともないし言われたこともなかったからです。
その話を聞いて単純に就職だけが目標ではなく、私が本当に何をやりたいかを悟ることができました。

2.サイバーコネクトツーでの仕事のやりがいはいかがですか?

韓国の大学を卒業した後、現在ゲームプログラマーを任されております。
入社してすぐコンシューマタイトルのプロジェクトに配属され、イベント制作、デモシステムの改良などを行いました。
現在はUnreal Engine4を利用したプロジェクトでイベント関連の実装を行っています。
ゲームを作る中でひとつの目標としては「楽しくプレイし終えた後も、引き続きユーザー様の心に残る」ゲームを作りたいです。

3.入社して感じたことを聞かせてください。

今まではゲームを一人のユーザーとして楽しんでいましたが、開発者として携わることになってからは、発売されたゲームのスタッフロールに私の名前が載っているのを見た瞬間が忘れられない感覚です。
それから、学生の時とは違い私が開発したタイトルをたくさんの方々が楽しんでることもあり、開発にあたって責任を感じます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook