ゲーム制作会社の目的は、ただひとつ。

“面白いゲームソフトを作ること”

そのことだけを考えて、そのために最大限の努力をして
最大限の力を発揮する。

口で言うのは簡単ですが、なかなか難しいことなのです。

しかし、そのシンプルな“答え”に本気で立ち向かっている
制作集団がいます。それがサイバーコネクトツーです。

 

“もっと面白いものを”
“もっと斬新なものを”
“もっと楽しませるものを”

 

もっともっと…という姿勢が、作品に“エネルギー”をあたえます。

“他の誰かに代わりがきかない唯一無二の存在”として、
“こだわり”をもって作品制作を行っています。

“自分たちにしか作れない”

そんな“わがまま”を常に貫き通しています。

きっと、誰だって、辛いこと・苦しいことをいっぱい抱えています。
それは大人たちだって、子供たちだって一緒です。

だからこそ、ゲームソフトを遊んでいるその瞬間くらいは…
幸せな気持ちになってほしい。

そして、できることならば…
明日からまた歩き出すための“元気”になれればいい。

ゲームソフトは“総合エンターテインメント”として
様々な可能性をもっています。

世界を変えることだって、できるのです。

サイバーコネクトツーは、たくさんの“面白い”を
エンターテインメントとして“世界”へ向けて発信しています。

大丈夫、世界は愛にあふれています。

 

サイバーコネクトツー 代表取締役 松山 洋

 

松山洋の初の著書、好評発売中!
『熱狂する現場の作り方 サイバーコネクトツー流ゲームクリエイター超十則』

ゲーム開発を通じて生まれた、松山洋の濃く熱いメッセージを集めました!