第三章 19話「不浄の戒塔」

カテゴリー: ストーリー, 第三章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

みなさんについてきて良かったです

僕たちだけだったなら、シャナンの言葉は聞けなかったと思います

うん……ありがとう……

喜んでもらえたら、嬉しいのだ~

コクコク

 

 

厄介事にも巻き込んでしまっているけどな

いえ、冒険には多少のスリルがあるものですからね!

うん……大丈夫、だよ

ニコニコ

 
◆ ◆ ◆
 

正雪は塔で待ち伏せしているでしょうか?

アイテム入手の策が失敗した以上、一旦出直すのではないかと思いますわ

諦めていただいた方が有難いですけれど

この際、さっさと姿を見せてくれた方が後顧の憂いをなくせるんだがな……

 
◆ ◆ ◆
 

あれが「不浄の戒塔」か……

ちょっと……いやな感じ……

僕やみんながいるから、大丈夫だよ

うん……

コクコク

 
◆ ◆ ◆
 

……

あっ……あそこ!
ドッペルの私!?

アネゴの偽物め……なにをしに来たんだ!?

正雪のかわりに、とんでもないヤツが待ってるとはな……

すんなり通してくれるって事はなさそうね

やるしかないな……

……コクリ

 

 

ウウ……

 
(スゥッ……)
 

そんなに恨めしそうな顔して消えないでよね
……まったく

何かを伝えようとしているのか、それとも我々の邪魔をしにきているのか……?

確か以前遭遇した時、宝剣を折ったのが彼女かもしれない、という話でしたわね?

だとしたら、邪魔をしようとしている可能性は高いかもしれませんわね

さて、正雪も姿を見せないようだし、塔に入るか?

扉は鍵が掛かってるみてーだな

例のカンザシと、宝剣を近づけてみたらどうだ……?

コクリ

 
(スッ……)

(ピカッ!)

(ゴゴゴゴゴゴ……)
 

おめでとうございます
鍵が開きましたわね

よーっし、行っくのだ~!

 
(ザッザッザッ……)

(ギイッ……)
 

……ククク、思った通り
一度開けば、しばらくは通れるみたいだな

最後に勝てば良いだけの事、今は先行させてやるさ

 
(スッ……)
 

……急がなければいけませんね

だな……

line02

ギルティドラゴン開発ブログ