第二章 16話「最後の秘宝」

カテゴリー: ストーリー, 第二章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

さて、クリュ・アーク神殿で「精霊の碧眼」を入手するとして、誰かに協力してもらわねばな

協力?どーゆー事?

岩戸を開くには三賢者の塔、つまり…

北、東、そして西の塔の扉で同時に秘宝をかざさなければいけないだろう?

あっ、そうか!
岩戸に入らない人達が、三か所でそのお仕事をしないといけないんだ~

 

 

「精霊の蒼き涙」はビント達が持っているはずだからそちらは頼んでみるか

じゃあ、私の「精霊の紅き心」は誰が…?

なんだったら、バニラが行ってくれてもいいがな?

やだー!
岩戸の方に行ーくーのーだー!!

そう言うと思ったよ…

 

 

じゃあ「精霊の紅き心」は誰に任せるんだ?

だったら、俺が行ってもいいぞ

わんわんが!?

それはありがたいが、自分からパーティを離れるとは、珍しいな

バ、バニラがお願いするならな!

オーカミにオネガイするのだ~♪

しっ、しかたねぇーなっ!
任せとけ!!

どっちもどっちだな…

 

 

最後の「精霊の碧眼」はどうするの?
まー、まだ見つけてもいないけどね♪

そうだな、頼れそうなのはバランシアたちか刹那たちくらいだが…

せっちゃんの方がレリーフを追っかけてたしせっちゃん達に手伝ってもらう?

ふむ、情報提供も兼ねて、そうするか…

 
◆ ◆ ◆
 

よし、刹那たちにはメールを送っておいたぞ

合流する前に「精霊の碧眼」を先に入手しておきたいところだな

入手できずに合流したら、かなりこっぱずかしいもんねぇ♪

さらりと恐い事をいうなよ…

 
◆ ◆ ◆
 

さっそく刹那から返信が来たぞ

期待しております、との事だ

期待を裏切ったら…
恐いかもねぇ~?

そんな、バカな…
はは

 

 

生まれ変わったバニラさんの大好きな、荒野が見えてきマシタヨ

にひ~…
あれは強がってみただけ…

ほう、貴公も荒野で鍛えるのが好きなのか
感心だな!

えっ、あっ…
実は、そうなのだ~…

にやり、デス

後で憶えてなさいよ、なのだ~…

 
◆ ◆ ◆
 

さて、私の勧める荒野の歩き方だが、あえて足場の悪い、岩場を歩くのだ

これは足の柔軟性がないと、一発で足をくじいてしまう!
スリルがあるだろう?

足も心もくじけそうなのだ~…

良い子はマネしてはイケマセン

 
◆ ◆ ◆
 

南の封山に、うっすらと塔が見えるな

あれが賢者の幻塔だな

いつか、ぜったい、たどりつくわよ~
にひ~…

うむ、良い表情になってきたな!

悲愴感が漂っているような気もするが…

 

 

もう荒野が終わったか
貴公も物足りぬだろう?

そ、そうねえ~!
でも腹八分くらいが丁度いいって言うし!

心配しなくても岩戸に戻る時にまた通るぞ?

Oh…

 
◆ ◆ ◆
 

この湖が妖精湖ニュミールだっけ?

そうだ、我々闘技場で闘う者達が、武具を清める神聖な湖だな

バニラも頭から水浴びしておいた方が良いんじゃないか?

そうねー…
ってぇどういう意味かしらねぇ~!?

 
◆ ◆ ◆
 

皆で水浴びするなら、楽しいんじゃないか?
きっと楽しいに違いないぞ!

うーむ…
その案は捨て難くはあるが

イイじゃん♪
寄り道して行こうゼ!

貴公ら煩悩の塊を、この神聖な湖に立ち入らせる訳にはいかん!

水浴びくらい、イイじゃん♪
アネキはカタいんだって~

不埒者!
特にお前は、絶対にダメだ!

マジで信用されてないし♪

 

 

コノ北がクリュ・アーク神殿デス

何度か目の前は通ったが、ついに突入だな

…待て!

わっ!?
なになに~?

何だ、この異様な気配は…?

異様な気配…?
ああっ!

神殿の周りから…
黒ネームの群れが!?

成程…
あれが巷を騒がせている黒ネームという輩か

18体ほどの黒ネームを確認しまシタ!

こんなにたくさんいるなんて、初めてだよ~!?

だが、見覚えのある者が数人いるな…
いずれも闘技場で手合わせをした者だが…

闘技場に行く途中の人々が、黒ネームに感染したのか…?

ならば、せめて我が剣にて弔ってやろう
…参る!

 
ダッ…!
 

あっ!
危険だ、七海!!

いや…
今、すれ違いざまに2体葬ったぞ

囲まれる…
いや、わざと集めた!?

速すぎて何をやってるのか分からないんだけどー!?

集めた5体を一瞬のうちに倒した…!

アネキは、殴れないものには弱いけど…

殴れるものには、無敵なンだぜ♪

これが…トップランカーの七海の本気か!!

見とれてる場合じゃない!
我々も、行こう!

コクッ

 
◆ ◆ ◆
 

ヴュルルアアアアアアァァァ…

結局、ほとんど七海が片付けてしまったな…

闘技場の戦士の誇りを汚す者は、許さぬ

カ、カッコイイ…
これは惚れるわ♪

ガビーン!

私はこの事を、闘技場の盟友達に報告しなければならん

ここで一先ずの別れだ…
貴公たちは見事に任務をやり遂げてくれ

ああ、色々と助かったよ
また会おう、七海

い、いつか俺が倒す!
うおぉ、ついに言ってしまったぜ…

では、貴公も闘技舞台に上がるがいい…
常に私はそこで待っている

コクッ

俺の命が尽きるのも、もうすぐか…
俺の事を忘れないでくれよな、ハニー♪

シンゴちゃんは成仏してね~
なむなむ…

ショック☆

さらばだ、良き闘いを!

あ~あ、行っちゃったわね

さぁ、我々は神殿へ向かうぞ!

ソレではミナサマ、気をつけて参りマショウ!

line02

ギルティドラゴン開発ブログ