• インターフェイスデザイナー
  • 新卒採用(2020年入社)
  • マツムロ

Q.1 今の業務を簡単に教えてください。

Photoshopやillustrator、Unreal Engine4などのツールを使用して、ゲームコンテンツのユーザーインターフェースのデザイン開発業務を行っています。

Q.2 なぜサイバーコネクトツーを選びましたか?

ゲーム開発会社でインターフェイスデザイナー(UIアーティスト)の職種募集を探していたところ、サイバーコネクトツーに辿り着きました。
会社を調べていて出てきた社長のインタビュー記事や、小さい頃に遊んだ記憶のあった「NARUTO-ナルト- ナルティメット」シリーズのタイトルなどを通して、エンターテイメントというコンテンツに対し真摯な印象を受けました。私はゲームのUIが作りたかった為、エンターテイメントコンテンツ一筋のサイバーコネクトツーでならやりたい事をやり続ける環境があるのではないかと、他社とは違った熱意を感じた為応募しました。

Q.3 入社して最初の約6か月間の新卒生向けの研修はいかがでしたか?

研修はGUIで使用する、HUDやアニメーションなどの一通りの要素を制作します。Unreal Engine4を使用するのは初めてで苦戦しましたが、UIを作る為に必要な基礎を学ぶことが出来ました。
ツールや技術面について多く学ぶ事が出来ましたが、特にインターフェイスデザイナーとして必要な意識など
6か月で学生時代と現実のインターフェイスデザイナー像の乖離が解決されました。この事が、私の中ではとても大きかったです。

Q.4 入社して感じたことを聞かせてください。

学生時代ゲーム業界の様々な噂などを耳にしていたので、覚悟を決めて入社しましたが、ゲーム制作が好きな人にとってはとても働きやすい会社だと感じました。
仕事への向上心が高く、ゲームはもちろん映像作品や漫画など好きなものに対する熱量の高い人ばかりで、楽しく趣味の話題を共有する事も出来ますが、距離感が程良くゲーム制作に集中出来る環境だと思います。

Q.5 サイバーコネクトツーでのこれからの目標を教えてください。

目指すところは沢山ありますが、やっぱり一番の目標はゲームのクレジットに名前を載せることです。
家族や知人からインターフェイスデザイナーという職業がきちんと認識されていないので、分かりやすく形に残してインターフェイスデザイナーという仕事を知ってもらいたいです。もっと言えばインターフェイスデザイナーというやりがいのある楽しい仕事を家族や知人に留まらずもっといろんな人に認知してもらうために、素敵なUIを作れるように精進したいです。
やればやる程UIにはたくさんのアプローチ手段があると入社してから気付きました。プレイヤーをわくわくさせる為に妥協無く貪欲に勉強していきたいと思っています。

ある日のスケジュール

8:50 出社 チャットとメールを確認します。一日のタスクに変更が無いか確認します。
9:00 作業開始 仕様の確認や提案をゲームデザイナーさんに行いつつ、デザイン制作やリソース作成を行います。
12:00 お昼休憩 この日はUIランチと言って、福岡本社のUIアーティストと通話を繋いで一緒にごはんを食べます。新しいゲームの話題だったり、ツールの勉強会だったり、UIについての情報交換を行います。
13:00 作業 午後の作業開始。
仕様の変更が入ったので、そちらの対応を行います。

15:00 シエスタ 15分の休憩時間です。
同期にデザインを見てもらったり、雑談をしたりする事が多いです。
17:00 終礼  一日の作業実績の報告と問題点の洗い出しなどを共有します。
18:00 業務終了 明日のタスクをまとめたり、上司に最終作業の報告をして帰宅します。
18:30 退社 マテリアルを組んでみたり、ライブラリを見たり、好きに過ごしてから帰宅します。

※本インタビューは2021年1月のものです。

一覧へもどる
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook