• キャラクターアニメーター
  • 中途採用(2017年入社)
  • ゴクチェ・ゴクチェン・ジェンギゼル
  • Gokce Gokcen Cengizer

Q.1 今の業務を簡単に教えてください。

私の仕事はインゲームキャラクターのアニメーションを制作することです。
Mayaでキャラクターのアニメーションを作り、そこから実機で検証します。
上長のチェックを経て、作ったアニメーションをブラッシュアップし、ゲームへサブミットします。

Q.2 なぜサイバーコネクトツーを選びましたか?

元々テレビCMや映画のアニメーターでしたが、ゲームに対する情熱があり、アニメの大ファンです。そんな私の夢は日本に移住し、アニメルックのアニメーションを制作することでした。元々ゲームが好きでしたので、将来はゲーム業界に入りたいとずっと思っていました。その当時から、「NARUTO-ナルト- ナルティメット」シリーズの大ファンで、改めてサイバーコネクトツーが開発しているのを知るようになりました。ナルティメットシリーズをプレイして、とても楽しく、本当にアニメの世界に入っているようでした。プレイするうちに、是非そういう作品に関わりたいと思うようになり、ゲーム業界でアニメスタイルのアニメーションを作るという目標を持つようになりました。そんなとき、サイバーコネクトツーについて調べていたら採用のページでキャラクターアニメーターの募集を見つけ、すぐに応募しました。

今はサイバーコネクトツーで働くという夢が叶いました。

Q.3 入社して感じたことを聞かせてください。

サイバーコネクトツーに対するイメージは入社してから期待を上回りました。
入社して、大好きだったゲームを作ったスタッフと出会って、なぜその作品はそんなによかったか納得しました。サイバーコネクトツーのスタッフの皆さんにはとても情熱があり、入社して以来知らないことたくさん教えていただいています。おかげさまで今も毎日新しいことを身に着けています。

サイバーコネクトツーの好きなところと言えば、皆さんはとても親切でお互いに助け合おうとするという社風です。才能のあるスタッフと働くことで自分のスキルも向上できている感じがします。また、サイバーコネクトツーは海外スタッフへのレッスンや講習などをたくさん提供しています。会社が用意してくれた日本語レッスンは本当に役に立ちました。サイバーコネクトツーには大きなライブラリもあって、ゲーム、映画、アニメも盛りだくさん。ライブラリにあるものを参考にして作業したり、または純粋に好きな映画などを見て楽しい時間を過ごすこともできます。

Q.4 サイバーコネクトツーでの仕事のやりがいについて教えてください。

サイバーコネクトツーでは私の好きなゲームと関わることができます。好きなキャラクターのアニメーションを制作し、多くのファンに見てもらえることに誇りを持っています。サイバーコネクトツーのゲーム開発では自分のクリエイティブを詰め込むことができるので、とても面白いです。

※本インタビューは2020年9月のものです。

一覧へもどる
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook