第三章 17話「シャナン霊廟へ」

カテゴリー: ストーリー, 第三章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

結局、洞窟に囚われていた人は誰だったのか、よく分からなかったのだ~

名前まで奪われるとは、よほど神々を怒らせたようだな……

 

 

神様たち、恐ろしいのだ~……

バニラ、お前も気をつけろよ?

気をつけるのだ~……って、神々を怒らせるような事はしてないわよ!!

 
◆ ◆ ◆
 

あの囚われた男、シャナンに謝っていたがそれだけを伝えればいいのだろうか……?

カンザシが光ったところをみると、これを渡してみたらいいんじゃない?

コクリ

 

 

シャナ・リドが見えてきたのだ~

さすがに道中は大っぴらに待ち伏せはしてないみたいだな

コクリ

 
◆ ◆ ◆
 

なんだ、もう待ち伏せは終わりか~?
ちょっとばかり物足りないぜ

血の気が多いわね……

心配しなくても、またこの後も出てくるだろ
迷惑な話だけどな

 

 

とーちゃっくぅ~♪

戻られたか、洞窟に囚われていた者には無事に会えたかな?

コクリ

シャナンに対する謝罪の念がひしひしと感じられたが……

なるほど……

それならば、ここより東の「シャナン霊廟」へ行き、シャナン様を参られるがいいぞ

なるほど、それほど遠くなさそうだな……

それじゃあ、出発……ん?
あれあれ!?

やぁ、みなさん!
お久しぶりですね、どうしてこちらに?

どうしたの、お兄ちゃん……あっ

イリアもいたんだ~って、当り前かぁ♪

あ、うん……久しぶり、だね……

ニコニコ

 

 

僕たちは、ロマンチックで悲しい伝説が残るというこの地を観光ですよ、ハハハ

うん……静かで、おちつく……

私たちが来ちゃったらうるさくなるかも……
ゴメンね、なのだ~

うるさい、という自覚はあったんだな……

あ、ううん……大丈夫、だよ……

 
◆ ◆ ◆
 

初めまして、ですわよね?
私は刹那と申します

「unHappyChoice」の代表をしておりますの
よろしくお願いいたしますわ

同じく初めましてですね
「TAO」の士堂です、よろしく

ご丁寧に有難うございます
お二人のギルドの事は聞いたことがあります

僕はアロン、この子はイリアです
よろしくお願いしますね

あの……よろしく……

おとなしいお嬢さんですのね、フフフ

 

 

せっかくですから、しばらくご一緒しても
良いでしょうか?

イリアも楽しそうですし、ね?

うん……お、お友達だから……

そうだな……物騒な連中が多いから、
一緒にいた方が安全かもしれない

コクリ

 
◆ ◆ ◆
 

ふう、森を抜けたな

南に見えマスのが、「シャナン霊廟」デス

コクリ

また、待ち伏せしてるかもしれねーぜ?

そうだな、慎重に行こう……

オッケーだぜ!

 

 

おっと待ちな、お前らだな?
お宝のカンザシと剣を持ってるってのは……

何のことだ?
……いや面倒だな、だったらどうする?

噂じゃ、他にも色々とお宝を持ってるらしいじゃねぇか……へっへっへ

こりゃまた、何のためらいもなく返り討ちにしたくなるヤツの登場だな

ワンワン、やっちゃいなさい!

へっへー、言われずとも!

コクッ!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
襲撃者との戦闘
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ま、まいった!
もう、ちょっかいは出さねぇよ!

結構、では正雪という男について何か知っていますか?

いや、俺は知らねーな……
嘘じゃないぜ、本当だぞ!

まぁ、そうでしょうね、
彼を庇ったところで、何の得もない

あと俺が知ってるのは、この霊廟の中にもあんたらを狙ってる奴がいるくらいだな……

各々が、勝手に行動しているようですわね

では改めて、シャナン霊廟の掃除を始めるとしようか

コクッ!

line02

ギルティドラゴン開発ブログ