第三章 1話「不和の人々」

カテゴリー: ストーリー, 第三章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 
バランシアという新たな被害者を出した、レリーフの呪い…
消え去ったバランシアに、かつての自分の分身、ココレを重ね、バニラは意気消沈する
悲劇の末、二つ目の「レリーフのかけら」を手に入れた一同は、海底に沈む都市を後にして、魔の秘境セレカに戻ってきていた――
 

 

 

あー、なんかこう…暗いわねぇ

仕方ないだろう…
あれからそんなに時間も経っていないからな

ソレでもひと月は経過してマスよ、皆サマ?

……

そうだな、腐っていてもしかたない
我々に出来る事をするしかないだろう

でも、次のレリーフの手がかりなんて
どこにあるっていうのよ?

確実ではないが、レリーフのかけらがある所
黒ネームありと、これまでの状況が示しているな

確かにそうだけど…
えっ、もしかして黒ネーム狩りなのぉ!?

まぁ、そうなるかな?

見つけたい様な、見つけたくない様な…

では皆様、ハリキッテ行きマショウ!

コクリ

 
◆ ◆ ◆
 

とはいえ、どこから探せば良いものかしらねぇ…?

もう街に直接出て来る事は、あまりないと思うがな…

あてもない、流浪の旅が始まるのね…

 

 

あぁ?
本当の事を言っただけだろ、「毒ゾネス」!

上等だ!
表に出ろ!この「ひょろ腕」!

あらやだ、ケンカ?
カリカリしちゃって、やぁねぇ~

いちいち相手にして、とばっちりはゴメンだ…

あれは「銀の細腕」と「ポイズンハニー」のギルドメンバーみたいだぜ?

わ、急におどかさないでよ!

うっ、ゴメンよバニラ…

そのギルドなら、聞いた事があるぞ

「銀の細腕」は装飾品の生産系ギルドで有名だな

で、「ポイズンハニー」は闘技場にギルド参加してる、女キャラばかりのギルドだぜ

ああ、それで「ひょろ腕」に「毒ゾネス」
なんだ…

最近そのギルド同士でケンカしあってるらしいぜ、噂だけどな

まぁ、どちらにせよ近寄らない方が賢明だな…

 

 

近くのダンジョンや洞窟で、まだ行っていない場所はあるか?

ソウですね…
塔で言えば三賢者の塔の一つ「シュナの北塔」がまだ行ってマセン

うーん…
あそこに直接レリーフがあるとは思えないな

あるいは北の大陸に戻れば、ワレワレが未踏の地がまだアリマス

そうか…
一度戻ってみるか?

まったく目的地がないよりかはマシかぁ~

コクリ

 
◆ ◆ ◆
 

前回のレリーフの時、狼には別行動を取ってもらったが…

あの後、寅とはもうケンカしてないのか?

いつまでもそんな事を引きずる訳ねえだろ!
そもそもケンカしてないしな!

あんたがケンカと思ってなかっただけでしょ

またちょっとした誤解で壊れそうな、危うい関係だな…

そういえば、ヴィクトリアの師匠ともけっこう話したぜ!

おお、たしかアトラとかいったな?
良かったじゃないか、友達が増えて

いや…
あれは友達というよりも、やっぱり師匠だったぜ

うーん、よく分からんな…

一緒に冒険したら分かるんだぜ…

ちょっと白目むいちゃってない?

 

 

あっ…
またケンカみたいだぜ?

やれやれだな…

小細工ばかりしやがって…
あんたらはいつも、こざかしいんだよね~!

フン、自分の装備にこだわらない奴らには言われたくないよ

さっきと同じ「銀腕」と「ポイハニ」の
メンバーみたいねぇ?

「銀腕」…「ポイハニ」…?
銀の細腕とポイズンハニーの事か?

長いと覚えられないのだ~♪

 

 

俺はその場にいなかったから、バランシアがどうなったのか教えてくれよ?

一応、知っておいた方が良いだろうな…

ファントムからレリーフを守ろうとして、レリーフに触れ、黒ネームになったんだ

結局倒すしかなく、ココレと同じように消滅したという訳だ…

そうだったのか…

それから連絡はないのかよ?

本人からはまったくないな

轟雷からは「落ち着いたら連絡する」と返事があったが、それきりだ…

またキャラ作ってたら、手伝ってあげるのにな~

誰もがお前みたいに、すぐ切り替える事は難しいと思うぞ?

それは、どういう意味なのかしらー!?

私は褒めているつもりだぞ?

あらやだ、そうなの?

鉄の心臓をもつオンナ…

 
◆ ◆ ◆
 

普通はあれだけ酷い目に遭えば、引退してもおかしくないからな

恥ずかしながら、帰って参りました…
にひ~

うおおー!
帰ってきてくれてよかったぜーっ!!

お、おう…

バニラさんが、圧倒されてマス…

 

 

ふんにゅ~!
こんな山越え、なんともないんだからねー!

そうだそうだ、生きてるだけでも有難いと思わないとな

ん?
丘の向こうにアヤシイ影が見えたような…

なに!?
行くぞ!

ヒィ~!?
走らないでぇ~!

 
◆ ◆ ◆
 

ヴモモオオオオオォォ…

こんなところで黒ネームが出るとはな…

にひー、ちょっと気を抜いてたわね

他には見当たらないし、野良っぽいぜ?

さすがにレリーフがこんなところに放置されてるはずもないしな

 

 

やはり先ほどの黒ネームは、どこからか流れてきた残党か?

この前、神殿のところにいたヤツかしらね~?

あの時大量に発生していたヤツらは、七海がほとんど蹴散らしたがな

何体か逃げてたのかしらね…
ツメが甘いんじゃない?

我々も手伝ったよな?

にひ~…
甘いのはこっちだったのだ

 
◆ ◆ ◆
 

それにしても、黒ネームが大量に湧くのっておかしいわね

黒ネームが皆、レリーフに触れた訳じゃないかもしれんぞ

ん?
どーゆー事?

私が黒ネームに襲われた時に、腕が動かなくなった時があったが…

あれは黒ネーム化する一歩手前だったんじゃないか?

ぞぞぞ…

私も考えるだけで鳥肌が立った…
改めてお前達に感謝するよ

 
◆ ◆ ◆
 

黒ネームに攻撃されたら、黒ネームになるかもしれないのか…

こいつは下手をすれば、一気に増殖する可能性もあるな

CC社はそれを知ってんのか?
…知ってるんだろうな

この先、慎重に動く必要があるぞ…

コクリ

 
◆ ◆ ◆
 

レリーフのかけらは、今どれだけ回収されているんだろうな?

あのお姫様が持ってるのは
知ってるけどねぇ?

刹那か…それ以外は確かに知らないな

 

 

実は、お姫様とうちのコだけだったりして~

ハハ、まさか……な

さすが、ワタクシのマスターでございマス!

 
◆ ◆ ◆
 

と言う事は、黒ネームに襲われても、このコなら免疫あるのかしら!?

!?

おお…それは盲点だったな
試してみる価値はありそうだが…

ぶんぶんぶん!!

やぁね~
冗談よ、冗談!
ねぇ?

えっ

えっ?

あ、ああ
…もちろん冗談、だぞ?

 

 

ここは相変わらず雑然としているな
良い意味でだぞ?

でも、ここでもケンカしてる人たちがいるわねぇ…

この街でその様な振る舞いをするとは…
命が惜しくないらしいのう

冗談言うな、ここは天下の大辻市場だぜ?

商売するのにテメーらの許可なんいらねーよ!

ならばわらわの目の届かぬ所でやるがいい…
目障りだと言うておるのだ

わ、わ、どうしましょう!?
ケンカはダメ、ですよ~

また銀腕とポイハニのメンバーみたいだな

お前もその省略系で行くのか…

うむ?
どうした、貴公ら

ああ、七海か
久しぶりだな

いや~、最近みょーにケンカしてる場面に出会っちゃってね~

ああ…銀腕とポイハニの者達か
最近は確かに争いが激化しているな

えっ、この省略系で共通されてたのか…
了解した

ポイズンハニーは闘技場への参加を奨励しているからな

闘技場に近いこの街を拠点にする者も多い…
故に、銀の細腕の者もやりにくかろうさ

どうして仲が悪いのかしら?

装備品の品質で強さを求める銀腕と、自らを鍛えて強さを求めるポイハニ…

思想の違いから、争いに発展したようだが…
詳しくは知らぬよ

色々あるんだな…

闘争は闘技場でやれば良いものを…
おっと、私はもう行かねばならん

ああ、御武運を

うむ、貴公らもな

 
ザッザッザ…
 

にひー、長居するといざこざに巻き込まれそうなのだ~

そうだな…
では北の大陸ルゥ・エリユに向かおう

line02

ギルティドラゴン開発ブログ