第二章 15話「三つの秘宝」

カテゴリー: ストーリー, 第二章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

封山はその名の通り、高い山々が入山者を拒んでいるのが特徴だ

その山々を抜け、塔へ抜ける道の入り口がこのセレカの近くにあると聞いている

詳しいな
なぜ自分で行かないんだ?

クエストの攻略には興味が無いのでな

これ以上の事が知りたければ、ここで聞き込むといい

 
◆ ◆ ◆
 

封山の南端に、森に隠されているように洞くつの入り口があるらしいぞ

意外に早く分かったな

簡単すぎて、拍子抜けねぇ?

確かに…

実際に行った者から聞いた訳ではないから
何か落とし穴があるかもな

一度落っこちてみたら良いじゃん♪

まあ、行ってみないと分からない事もあるだろうからな…

落とし穴があったら、まずシンゴに落ちてもらおう

落ちるのは恋だけで十分だぜ♪

 
◆ ◆ ◆
 

洞くつの入り口について、気になる情報があったぞ

え?なになに?

入り口は、大岩が塞いでるとか…

えー!?
それって入れないじゃないの!

落とし穴ではないが、厄介な事には変わらんか

 

 

大岩だろうが、落とし穴だろうが、行って確かめないとどうしようもないな

力仕事が必要なら、任せるわね~?
にひ~

そのサボり性…
弟に似ているようだな、小娘

えええ~!
ショックかも…
にひ~

 

 

暗くなってきたな…
森に入る頃には夜かもな

洞くつに入れば昼も夜も関係ないが、明るいうちに森を抜けたかったな


オバケが出そうってか?

……

ふん、くだらん

なんか、間があったケド?

 

 

ほら見ろ、オバケなどナンセンスだ…

洞くつの入り口が岩戸で塞がれている…
大岩、とはこれの事だったか

オバケは出なかったがな…
ハハ

 
た ち さ れ ……
 

ひっ!?

岩戸のところに、誰かいるよ~!?

我は岩戸を守りし門番…
我は力無き者を通さぬ…

オバケじゃ…ない?

力無き者は通さないというなら、示すしかないな…
望むところだ!

私を謀った罪を償ってもらおうか!

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
岩戸の門番との戦闘
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

汝らの力、認めよう…

やったな!
では、岩戸を開けてもらおうか

精霊の三秘宝を、三賢者の塔の扉へいちどきにかざせ…
それのみが岩戸の戒めを解く…

あらやだ、何て事?まだ開けてくれないの!?
ケチよねぇ

やっと資格を得ただけという事だな…
精霊の三秘宝、と言ったな…

それって、この「精霊の紅き心」の事かな?

間違いなさそうだな…
だがどうやら、三つの秘宝が全ているようだ

たしか、ぽち子ちゃんが「精霊の蒼き涙」を持って行ったハズ!

ぽち…
ああ、ビントかまた協力してもらう必要があるな…

で、もうひとつは…
たしか…

「精霊の碧眼」だよ~!
お宝は忘れないゾ!

で、それはどこにあるんだ…?

にひ~
そこまでは…

…戦いの獣神クリュ・アークの事か?

え?

獣神クリュ・アークの怒りを鎮めたという、妖精ニュミールの詩だ…

獣神の暴走を憂いたニュミールは、その碧眼から蒼き涙をとめどなく流し、その紅く輝く魂を獣神に奉げた…

その涙で出来た湖が、妖精湖ニュミールでその傍らにクリュ・アークが祀られた神殿があるが…

参考になったか?

なるほど、クリュ・アーク神殿か…
詳しいな、七海?

闘技場に参戦する者は、妖精湖で武具を清め
かの神殿で勝利を祈願するからな

さすが、トップランカーだぜ!

たしなみ、だよ

アネキ、いいドヤ顔だぜ♪

う、うるさい!

じゃあ、次は「精霊の碧眼」をゲットしにクリュ・アーク神殿へゴーね!

コクッ!

line02

ギルティドラゴン開発ブログ