第二章 4話「西の塔」

カテゴリー: ストーリー, 第二章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

気をつけた方が良いな…
中にも黒ネームがいるかもしれない

や、やめてよぉ~!

皆さんが一緒に来て下さって本当に良かったです…

だな、感謝するぜ!

うんうん

礼は「結束のエンブレム」を手に入れるまでお預けにしておくよ

はい…
では、登りましょう!

 
◆ ◆ ◆
 

ここにはいないみたいやね

暗いところは任せるよ~…

超ビビられてマスね…

 
◆ ◆ ◆
 

ん?どうかしたか?

いえ…先に進みましょう

 
◆ ◆ ◆
 

あの…少しご相談が

進みながらでも良いかな?

はい、結構です

 
◆ ◆ ◆
 

そろそろ出そうな感じだけど…

かも、しれんねぇ…ヒャハ!

バ、バニラは俺が守るからな!

物凄く頼り無いわね…

 
◆ ◆ ◆
 

あの…先ほどのご相談なのですが

ああ、なんだい?

よろしければ、貴方がたにギルドのメンバーに加わっていただければと思いまして…

ギルドメンバーに、か…

はっはっは、やっぱりそうだったかいや、俺からも是非頼みたいがな

うーむ…

確かにお手伝いはしたいけど…ねぇ?

バニラが入るなら…
お、俺も…ごにょごにょ

バランシアが入って欲しいんなら、あたしはかまへんし?

あんたはどう?

即答はいただかなくても大丈夫です…
お考えください

今は、塔を登る事に専念した方が良さそうだな

はい…おっしゃる通りですね

そろそろ出そうだしね…黒いの

 
◆ ◆ ◆
 

にひ~!強くなってる気がするねぇ

もう何度もあの者たちと戦っているのですか?

腐れ縁、なのかね?
はは…

 
◆ ◆ ◆
 

やはりこんな事は間違っていると思います
私は…

どうしたの?

ゲームは楽しむものです…
デザインされたスリルは楽しめます…
でもこれは…

そう、だな…

まぁまぁ、暗くなってもしょうがないよ~?
せっかくだし、楽しもうよ!

はい…すみません…
いえ、有難うございます

…たまに良い事を言うな、お前は

何だと!?
バニラはいつも優しいぞ!

うっ!すまん…
ってなんで謝っているんだ私は…

 
◆ ◆ ◆
 

気を抜かない方がイイよぉ~?
なんか臭うし

もう気配を嗅ぎつけられるようになったのか?

暗いトコは得意なんよ…
ニャハ!

感覚が研ぎ澄まされてきたのか…

 
◆ ◆ ◆
 

ほ、本当にいたな…

ニャハハ…いたねぇ

(逆影さんにばかりいい所は見せられません こちらも…)

 
◆ ◆ ◆
 

ギルドの件だが…

はい…

私は遠慮させてもらうよ

私も、レリーフ集めをやらなきゃいけないしね~
ゴメンね?

お言葉ですが、レリーフ集めよりもこの状況をどうにかする方が、重要ではないですか?

う、うん…
言いたい事は分かるけど…

ああ、そうだな

レリーフ集めがこの状況をどうにか出来るかもしれない…
と思っているんだ

レリーフ集めが、ですか?
クリア特典の事を言っているのならそれは無意味ではないですか?

詳しくは言えないけど、この状況はレリーフが関係しているみたいなのよ

その事が広まれば、逆に被害が…
黒ネームが増えるかもしれない

そんな…

 
◆ ◆ ◆
 

来たな、最上階…

はい…

あ、あの壁にかかっているのがエンブレムじゃない?

はい、ソノ通りデス!

どうぞ、取ってくれ

はい…


待った!!黒ネームが潜んでる!

にひ~!盛り上げてくれちゃって~!
行くわよ!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
黒ネームとの戦闘
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

ゴオオオアァァァ…

よし、もう大丈夫だな…

これは…
エンブレムと一緒に別のアイテムがあるようです

ん?ナビコ、これは?

タタタターン!
パーティ一行は「結束のエンブレム」と「精霊の赤き心」を手に入れた!

精霊の赤き心?
なんだ、これは…

それは、貴方がたがお持ち下さい
我々は結束のエンブレムを持ってギルドを設立して参ります

にひ~!応援してるよ~

でも、またあきらめずに参ります…
それまでお互いに、力をつけなければ

ニャハハ…そうやね

力を…つける!

おお、それまではしばしお別れだ!
達者でな!はっはっは!

では、改めてお礼を…
有難うございました

コクッ

line02

ギルティドラゴン開発ブログ