第一章 26話「圧倒的幸運」

カテゴリー: ストーリー, 第一章
「ギルティドラゴン」開発ブログ

  • アプリ内のメインストーリーをそのまま掲載しております。
  • チュートリアルが含まれた内容やわかりにくい表現がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

スィルの復興終わってるかしら

さすがにまだじゃないですかね

 
◆ ◆ ◆
 

アネゴはレリーフを集めたら何を願うんだ?

まだ願いが叶うってのが確定しているわけではないけど…
しいて言えば「みんなの心が温かくなりますように」かなっ!

おおっ!
さすがアネゴだ!カッコイイ!

チッ、嘘くせぇ…

 

 

お前は何を願うんだ?

オーカミさんはまだマイマスターをよく理解されていないようデスね

 

 

ソレはそうと!

な、急にどうしたのよ

私の願いも叶うのでしょうか?

無理でしょぉ~

デスよねぇ~

 
◆ ◆ ◆
 

ナビコさんは何か叶えたい願いでもあるの?

私は…
人間になりたいのデス…

!?

人間となってみなさんと同じ「プレイヤー」とシテ遊びたい…

あー
はいはい、さよですか~


え…マジ…なの…?

 
◆ ◆ ◆
 

まさかナビコさんがそんな事を考えていたなんて…
本気なの?

AIは人間様に嘘をつけないのデス

そっか…
あれ…?これまでに結構嘘をつかれていた様な…

 
◆ ◆ ◆
 

そう言うオーカミさんは何か願いがあるの?

オレの願いはアネゴのそばにずっと居れる事だ!

そうなると私の願いはお断りだ!

 

 

と・お・ちゃ・くっ!
さぁバルバルを探しましょう!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
~技巧ギルド~
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

あら~ココレさんじゃないか!
どうしたんだい?

実はカクカクシカジカドーンで…

なるほどね!
ワープポイントの動力源は魔導石なんだ
それさえあれば素人でもうごかせるよ!

魔導石か~
リリカにあげちゃったしなぁ~
取り上げるか…

リリカさんならここから北へ行くと言っていたよ!

 
◆ ◆ ◆
 

北と言えば…
「おいはぎ森」か…
北西の「盗賊団の洞窟」ね…

どこに行ったかわからないと探しようがねぇじゃん

それじゃ盗賊団の洞窟へ向かいましょう!

え?なんでそうなるんだよ!

 

 

キョロキョロ

ワンちゃん何キョロキョロしてるの?

ワンちゃんじゃねぇ!狼だ!
リリカってアレだろ?前に荒野で会った奴…
途中に居ないか探してんだよ

いいのいいの、ここを探しても無駄だから

 
◆ ◆ ◆
 

なぁ、本当に探さなくてもいいのか?
あいつを探しに来たんだろ?

大丈夫、盗賊団の洞窟へ行けばなんとかなるから

 
◆ ◆ ◆
 

見えてきました
アレが盗賊団の洞窟です

あとひと踏ん張りね

 
◆ ◆ ◆
 

なんでここは盗賊団の洞窟って言うの?

そりゃアネゴ昔ここに…

お黙りなさい!シャーラーッ!
かつて竜哭山に潜んでいた盗賊団が、自警団と傭兵たちに追われまシテ
新たなアジトとして使われていた事があるのデス
現在はその盗賊団も瓦解し、すでに居なくなってマス
噂ではその隠し財宝がアルのではないかとも言われていマス

怒涛の解説ありがとうございました…

最近ナビとしてのアイデンティティがクライシスだったのでホッとしました

 
◆ ◆ ◆
 

奴は絶対ここにいるわ!秘伝書を賭けたっていい!

では私もマスターを賭けます!

!?

line02

ギルティドラゴン開発ブログ